読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットで見つけた役立つ商品

ネットで見つけた役立つ商品を紹介しているブロブです

低分子コラーゲンの効果とは

コラーゲンという言葉は特に女性の間では良く耳にする事と思いますが、意外とコラーゲンについて知識が曖昧なような気がします、そこでコラーゲンと低分子コラーゲンの違いについて調べてみました。

「コラーゲンと低分子コラーゲンの違い」

コラーゲンは高分子のたんぱく質で分子を構成する分子量は30万ほどのようです、人がコラーゲンを摂取すると体内でタンパク質が分解されてアミノ酸に変化して吸収していきますが摂取から吸収までに長い工程を必要とするために代謝、吸収が遅くなってしまいます。

一方低分子コラーゲンは分子量が非常に小さいため吸収までの時間が短く消化吸収率が高いことになります、更に低分子コラーゲンは皮膚の角質層への浸透効果も期待されます。皮膚の表面は角質によって守られていて数百程度のものしか浸透することが出来ません通常コラーゲン成分が無理なく皮膚に浸透するには脂溶性であり分子量500以下であることが前提になっています、低分子コラーゲンの分子量は500~1000の数値まで低くなっているとのことです。

通常のコラーゲンが配合されている化粧品は肌表面に潤いを与える事を目的にしていますが低分子コラーゲンが配合されている化粧品はより角質層へ浸透する可能性を持っています。

そこでコラーゲンの効果を最大限に吸収するにはどうしたら良いのかということになりますが低分子コラーゲンが配合されたドリンク、化粧品、サプリメントを選ぶのが良いと言われています。

参考サイト  HTCコラーゲンDX